心が風邪をひいた丑三つ時の君へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟の『十四代』

<<   作成日時 : 2017/01/25 02:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

新潟は、米どころです。

おいしい日本酒がたくさんあります。

新潟駅の近くに宿を取りました。

さてさて、地酒が飲める小さな居酒屋を…。

あった、あった、70歳前後と思われる夫婦が経営する居酒屋でした。

カウンターには、常連さんかな?

年金をもらい始めた、65歳のおば様でした。

北海道から来ました!

で、話が弾みます。

特製おでんの盛り合わせに、まずは生ビール。

画像


喉の通りを良くしてから、北海道産の氷下魚(こまい)の一夜干しを肴に、最初は『亀の翁(かめのおう)』です。

『亀の翁』の蔵元は、『夏子の酒』のモデルになったところだそうです。

上品な感じ…かな?

画像


二杯目は『〆張鶴(しめはりつる)』です。

これは、うまい!

満足、満足。

さて、もう一杯で、今夜は終了としましょう。

〆は『鶴齢(かくれい)』いやいや、これは私の地元でも手に入るから…。

おやっ?

先ほどまで、日本酒の講釈を垂れていたオヤジさんがいなくなったぞ。

「どうしたもんかねえ、ちょっとヒマになると、ふらっと消えちゃうんだから…パチンコかな?」

しかたがないので、おかみさんに…。

「おかあさん、山形の十四代(じゅうよんだい)は…ないよね?」

「あるよ!」

あっさりと返事が…。

これは掘り出し物だあ!

「でも、高いんでしょう?」

「ううん、前の二杯と同じ、千円でいいよ」

「いただきま〜す」

うれしい、うれしい、ちょっとした店だと、ウン千円取られるからね。

ワクワクワクワク…。

画像


んっ?

ちょっと微妙な味…。

十四代でも、いろんな種類があるからなあ〜。

「おいしい?」

「う〜ん、正直、ちょっと微妙、不味くはないけど、さっきの〆張鶴の方が好みかな」

期待外れでした。





翌日…。

画像


しっかり『焼酎』って、書いてあるじゃない!






いかがでしたでしょうか? にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 ランクアップに応援のPUSHをお願いします(*^▽^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新潟の『十四代』 心が風邪をひいた丑三つ時の君へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる