卒業式~娘たちの選択

私には18歳の娘と15歳の娘がいます。





長女。

同級生は高校3年生です。

本人は高校2年生…通信制です。

中学を卒業したあとに、函館市内の私立女子高校に入学しました。

半年持ちませんでした。

クラスメートと会話ができないのです。

夏休み終了後、一週間通学してチカラ尽きてしまいました。

人と会話ができない…かわいの娘とは思えないなあ?

…と周りの方からよく言われました。

私なりにいろいろ手を尽くしたのですが…残念です。

今に始まったことではありません。

小学校の高学年くらいからでしょうか?

少しずつ成長していく他のクラスメートにどこかの段階で乗り遅れちゃったんですね。

私たち夫婦が気づいたときには、もう手遅れでした。

もともと内気な性格だったのですが、すっかり周りとの垣根を作ってしまったあとでした…。

中学になると、5つの小学校から生徒が集まってきました。

もう回復は困難でした。

クラスメートに話しかけられても、満足に返事ができない…。

だんだん誰も話しかけてこなくなるという悪循環です。

朝、家を出て…学校に届かないのです。

通学途中の廃屋とかに潜んでいるのです。

その都度違うところです。

2度ほど見つからなかったことがありました。

それでも下校時間になると、ふらっと戻ってくるのです。

これではダメだと本人も気づいたのでしょう。

一からやり直すために、知った顔ばかりいる地元の高校でなく函館の高校を選択したのですが…。



通信制は、月に2回ほど、日曜日に地元の高校でスクーリングが行われます。

基本は家庭学習で、やはり月に2度ほど札幌にある本校にレポートを提出します。

いま、長女は通信制の2年生を修了して、4月からは3年生になります。

本人は最近ちょっとやる気になってきています。

平日にパートをやろうと履歴書を用意しました。

あくまでも用意ですが…。

まあ、ゆっくりではありますが、社会への復帰を見守っていくしかないなあと思っています。





次女。

中学3年です。

15日が卒業式でした。

画像


元来、次女は陽気です。

家族、親戚の間では…。

一歩外に出ると、固まってしまうのです。

長女と同じです。

長女のように、通学途中で行方不明になることはありませんが、学校に着いたあとに教室に入らないことが何度もありました。

つまり廊下で固まってしまうのです。



クーデターは昨年の12月4日でした。

三者面談には私が行きました。

第1希望は地元の公立高校ということで、事前に次女と決めていました。

面談時刻の10分前に中学校に着くと、次女が玄関で待っていました。

「お父さん、先生との面談の前に話がある!」

「どうした!」

「わたし、ここの高校行かない…お姉ちゃんと同じ通信にする!」

「………」

面談が始まりました。

「娘さんからお話、聞かれましたか?」

「…はい」

「本人の意思は固いようですが…」

「妻と相談しないことには…今ここでは返事はできません」

自宅に帰ってから3人で話をしました。

実は夫婦のあいだでは、この選択肢も以前から話しあっていました。

やる気がなく、つまらない思いをしてまで、3年間全日制の普通高校に通わせることが本人のためになるのだろうかと…。

本人にとって無駄な3年間をおくらせるくらいなら、思い切って最初から通信制にしようかと…。

もちろん確固たる目標を持って、または家庭の事情などでやむなく通信制を選択されている方に対して、こんな中途半端と思われる理由で通信制を選択をすることは、たいへん申し訳なく思っています。

ただ、私たち夫婦は、この次女の選択を、ただ静かに見守るしかないのです。

画像


私の両親からは、おまえたちの育て方が悪いからだと、よく叱られます。

その通りなのでしょう…。

お父さんは確かに変なヤツだけど、普通の常識的な行動はしているんだよ。

それが世の中のルールなんだよ。

いくら話しても理解してもらえないようです、いまは…。



あ~あ、今日の話が全部フィクションであったらいいのに…。

気持ちは、最近いつも、くじけそうです。

病は気から…昨年の12月以降、便秘(平気で5日くらいはザラです)、風邪(完治しません)、めっぱ(もう一週間ですが完治しません)、痔(便秘との相乗効果)と満身創痍です。

時が過ぎ去って、笑い話になることを待ちます。



教室の前の廊下に貼っていた次女の文章です。

原文のまま掲載します。

自分はやっぱり一番なりたい職業は「声優」です。

これだけは絶対にあきらめたくないです。

なれないと言われても思われてもやっぱり一番なりたい職業です。

やっている人、色んな人、なれない自分になれそうだからです。

あきらめないで、頑張ってなれるようにしたいです。

あきらめなければ「結果オーライ」です。




次女の高校入試について、皆様から随所で励ましのコメントをいただきました。

ありがとうございます。

感謝申し上げます。

今日ここで結果を報告させていただきました。



そして、私、初ではありますが、この記事に関してのコメント欄を閉じさせていただきます。

今はまだ、みなさんからの叱咤激励のコメントを受け入れることができそうに思えませんし、コメントのお返しもできそうもありませんので、ご勘弁願います。

また、次回から、もとの『かわい』で登場しますので…。


いかがでしたでしょうか? にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 ランクアップに応援のPUSHをお願いします(*^▽^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント