心が風邪をひいた丑三つ時の君へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『神田川』の男と女

<<   作成日時 : 2010/10/14 02:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 21

昨日に引き続き、フォークソングのお話です。



日刊ゲンダイに『橋本テツヤ あのヒット曲を追っかけろ!』というコラムがあります。

橋本テツヤさん、ご存じでしょうか?

一言でいうと、アナウンサーです!

あの伝説のラジオ番組『セイ!ヤング』の初代パーソナリティでもあります。

最も有名なのは、『クイズ100人に聞きました』の屋根裏のアナウンサーでしょうか。



その橋本さんが、懐かしのヒット曲を解説しているのですが、最新号で『南こうせつとかぐや姫』の名曲『神田川』を取り上げています。







あなたはもう忘れたかしら 

赤い手拭マフラーにして 二人で行った横丁の風呂屋 

一緒に出ようねって言ったのに いつも私が待たされた 

洗い髪が芯まで冷えて 小さな石鹸カタカタ鳴った 

あなたは私の体を抱いて 冷たいねって言ったのよ

若かったあの頃 何も怖くなかった

ただあなたのやさしさが 怖かった



あなたはもう捨てたのかしら

24色のクレパス買って あなたが書いた私の似顔絵

うまく描いてねって言ったのに いつもちっとも似てないの

窓の下には神田川 三畳一間の小さな下宿

あなたは私の指先見つめ 悲しいかいって聞いたのよ

若かったあの頃 何も怖くなかった

ただあなたのやさしさが 怖かった




いい歌ですねえ〜。

『同棲』という単語が、まだ理解できなかった小学生でしたが、なんとなくこの恋人たちに憧れたものです。

『神田川』は、作詞が喜多条忠さんで、作曲が南こうせつさんです。

喜多条さんが、窓の下に神田川が見える三畳一間の下宿で同棲していた体験をモチーフにしたということは、有名ですね。




もう、あなたったら、いっつも、銭湯の前でわたしを待たせたわね。

寒くって、寒くって!

よう!待たせたな!

おまえ、冷たいなって、抱きしめてくれたわね。

そうそう、あなたはよく、わたしの似顔絵を描いてくれたわ。

もっと美人に描いてって言ったのに、ぜんぜん、下手くそだったわね。

いつか、わたしの手を取ったあなたは、ふと、つぶやいたことがあったわ。

悲しいかいって。

あなたは、ホントやさしかった。

でも、あの暮らしがいつまで続くのか…。

あの頃のわたしは怖かったの…。




え〜、違うの〜!!!

男と女が逆???




橋本さんのコラムによると、わたしは『男』で、あなたが『女』だそうです!



洗い髪が芯まで冷えたのは『彼氏』

冷たいねって、体を抱いたのは『彼女』

絵を描いたのは『彼女』

悲しいかいって聞いたのも『彼女』

…だそうです。




男と女が逆だった!!!



でも、彼女が彼氏に『悲しいかい』って、男言葉で聞くの?

この彼女のイメージって…和田アキ子?




神田川 [DVD]
東宝
2006-05-26

ユーザレビュー:
惚れ惚れ 高橋恵子  ...
関根恵子はとにかくキ ...
思ったよりどろどろし ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神田川 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






いかがでしたでしょうか? にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 ランクアップに応援のPUSHをお願いします(*^▽^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
かぐや姫の神田川、名曲ですね。
曲を彩るバイオリンとマンドリンの響きがそこはかとない哀愁を漂わせます。

男と女、素直に考えればかわいさんのいうとおりだよね。

茶々
URL
2010/10/14 06:00
え〜ホンマかいな?
もっとも、今のご時世なら男と男もありえる(*_*)
moumou.h53
2010/10/14 06:32
おはようございます。
そうだったんですか!
知らなかったなぁ‥男女が逆だったんですねぇ
学生の頃、銭湯毎日通いましたけど一人でしたf^_^;
ただチャン
2010/10/14 07:01
あら、そうだったのですか。
なんだか夢が壊れそう。
私のイメージでは、華奢な体つきの髪の長い女の子が銭湯の外で寒さに震えている方が良いかなぁ。
神田川の近くに住んでいたことがあります。
桜並木の続くきれいな所で、歌の場所とは違うようでした。
うふふ
2010/10/14 07:07
喜多条さんは『も〜ひ』もしくは『ばめつ』だったのでしょうか?その頃は未だ売れていなかったので?
う〜ん、イメージ狂うなぁ・・・

赤い電車は〜止まら〜な〜いほどの〜
その小さな駅の〜見える部屋で〜♪

あっ、これは風か!?
監督
2010/10/14 10:34
おもしろい!
まぁ、冷静に考えたら女性の方がお風呂は長いしね。
この曲は結婚する何年か前にヒットしたんだよなぁ。
mu.choro狸
URL
2010/10/14 10:59
こんにちは〜!
この曲、私が思っていたのとは逆だったんですかぁ〜?!
えぇ〜やっぱりふつうは「わたし」が女の人だと思ってしまいます。
昔も女性が強かったのでしょうか(笑)
sakura-sunsun
2010/10/14 16:24
神田川のシングルレコード、持ってます♪
You Tubeの画像と同じでものです。
当たり前ですが...(笑)
へなちょこ
URL
2010/10/14 18:26
かわいさん、またまたこんばんは♪

この曲、だ〜いぶ前に某国営放送が「クイズ日本人の質問」(だったけ?)とかいう番組で取り上げていたのを見た記憶があります。

そこでは、私が女性であなたが男性でしたですよ。
・・・で、何でいつも待たされたかというのは、銭湯の中庭(?!)だかに池があって、そこの金魚(鯉?!)だかにエサをやっていたからだ・・・というコトになっていましたが。

じゃ、どれがホントなんだぁ???
ぶたまり
2010/10/14 23:55
考えたこともなかったなぁ、そうなんだぁ〜。

小田さんの場合は聴き手の判断で、って
はっきりいってるのを聞いたことがあるけどそれとは違いますね、これは。
ひばり組らん太郎。
2010/10/15 00:19
茶々さん。
バイオリンとマンドリンの響きが、こんなにきれいな曲は他にないですよね。
一応、今回は橋本テツヤさんのお話を取り上げましたが、世の中にはいろいろな説が飛び交っているようですね。

moumou.h53さん。
おっしゃるとおりだと思います。
男と男または女と女だと、案外すっきりするのですが…。
でもそれだと、脱衣所で待てや!
…って、ことも言われそうですね。

かわい
2010/10/15 07:10
ただチャンさん。
お〜、銭湯通いの経験があるのですね。
おや、おひとりだったのですか!
今だと、白ネコちゃんと、カマキリさんがお伴すると思いますよ。

うふふさん。
そうなんですよ!
このように言われても、私も、うふふさんのおっしゃるように『華奢な体つきの髪の長い女の子』に賛成します。
豊満な女性では、歌が成り立たないのです。
かわい
2010/10/15 07:16
監督さん。
この歌は、たしかに喜多条さんが不遇の時代のことをモチーフにしていますので、『も〜ひ』や『ばめつ』や『も〜ほ〜』あれっ?
…だったのかも知れませんね。

mu.choro狸さん。
そうなんですよね!
最初に聴いたときも、待たせたのは女なのでは…と思ったのですよね。
でも男だった?
あれっ?
なんか、こんがらがってきましたよ…。
かわい
2010/10/15 07:23
sakura-sunsunさん。
橋本テツヤさんにこう言われても、ちょっと疑問が残りますね。
でも、ご本人の喜多条さんとお話をされて書かれたのでしょうし…。
まあ、女性が強いのは昔も、今も…だと思いますよ。

へなちょこさん。
お〜!
当時、シングルを買われたのですね。
私は、もっぱら歌謡番組で観ていました。
かぐや姫って、けっこうテレビに出ていましたよね。
かわい
2010/10/15 07:28
ぶたまりさん。
今回、記事にするにあたって、少し私も調べてみました。
男性が『鯉にえさ』って説もあるようですよね。
そうそう、テレビで流されたということですね。
その反面、以前、喜多条さんご本人が、テレビで別のことをおっしゃったという説もあるようです。
やはり、大ヒットした曲ですから、いろいろな解釈があるのでしょうかね?

ひばり組らん太郎さん。
先日、工藤忠幸さんと話をさせてもらったときも、『遠い漁り火』の歌詞についての疑問を話したのですが…。
短い詞の中で、背景を全部は説明できないので、聴き手の解釈にお任せします。
…とのことでしたよ。
かわい
2010/10/15 07:36
神田川を聞くと、その情景が浮かんでくるので
名曲ですよね。
しかし橋本テツヤさんが今までのイメージを
違う発言をしていたのですね。
男性の視点、女性の視点どちらから見ても
名曲には変わりありませんね!(^^)!
ミモザ
2010/10/15 08:23
こんにちは〜〜、
えええ!!私も驚きでした〜〜。。。
イメージが、、、
でも、いい曲ですね。
今までなんとなく聴いてたのですが、
あらためて歌詞をみると
しみじみと風景が浮かんでくるような。。
ああでも!!なかなか男と女を逆にできない。。。(T▽T)
ururu
URL
2010/10/15 09:56
なっなんとっ!
私も男女逆だと思っていましたよ。
ジェンダーフリーだなぁ
こちくん
2010/10/16 00:47
ミモザさん。
おっしゃるとおりだと思います。
歌は、詞と曲が融合して成立しますので、詞だけ取り上げてもあまり意味がないのかも知れません。
まさに名曲ですよね。

ururuさん。
私も、今まで通り、正解と思われる逆のイメージのまま、聴いていこうと思っています。
女性が寒い中、彼氏を待っている…。
似顔絵が下手なのは、男性の方だったということで…。

こちくんさん。
お〜!
ジェンダーフリーの走りかも知れませんね。
あと、和田アキ子が、大竹しのぶでもいいかも?
かわい
2010/10/16 04:50
神田川の替え歌を思い出してしまいました。
でもちょっとここで書くのは不謹慎なのでやめときます(笑)あれ、でも頭から離れないぞ(笑)
ウーパー
2010/10/16 16:55
ウーパーさん。
神田川の替え歌ですか?
これはさすがの私も知りませんねえ〜。
…っていうか忘れてしまっただけかも知れません!
今度、こっそり教えてくださいね。
かわい
2010/10/17 23:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『神田川』の男と女 心が風邪をひいた丑三つ時の君へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる