ユッケと馬刺し

ユッケなる食べ物…私の半生の中で、全く縁のないシロモノでした。

画像


胃腸の弱い私にとっては、ナマモノは常に天敵でもあります。

生肉を食べるなんて発想は、どこからも湧いてきません。

だいたい、ユッケの上に乗っかっている生卵は、5年前に封印してしまいました。

好きだった生牡蠣も、3年前から食べていません。

刺身でさえ、体調の悪そうな時は、食べることを控えます。

別に不幸だとは思いません。

焼いて食べても十分に美味しいですから…。

焼肉も焼きすぎるくらいかも知れません。

牡蠣の酒蒸しもいいですねえ~。



さて、そんな慎重な私ですが、唯一の例外があります。

画像


馬刺しです!

おろしショウガ、おろしニンニク、刻みネギ…薬味をどっさり付けちゃいます。

これは、不思議になんの抵抗もなく食べられます。

馬刺しには、生食用食肉の加工基準に適合した生肉が使用されているそうですね。



いずれにしても、自分の体調に合わせて、その時々で判断することが大切だと思います。

でも、ユッケは、今後も食べることがないだろうなあ~。





さて、『桜三昧2011』を更新しました。

…っていうか、『Ⅱ』を作っちゃいました。

だいぶ、咲きましたよ!

そういえば、馬肉のことを、さくら肉とも言いますよね。








いかがでしたでしょうか? にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 ランクアップに応援のPUSHをお願いします(*^▽^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2011年05月12日 06:49
おはようございます。


ユッケもレバ刺も、大好きなんです。
ナマ牡蠣も~。
私のお腹、大丈夫ですョ

ニュースでユッケの映像が出るたび、食べたくなりますが、さすがに食べる勇気はないな~ぁ。

ワタシがかわいさんとお仲間状態になる時は、
気持ちが、平静になれなくなってる時にやってきます。
とっても、繊細なんで・・・

2011年05月12日 07:14
おはようございます。
恐ろしいですね。
流通から調理まで衛生管理がしっかりしていないといけないのに、それがいい加減だったのですね。
そんなにおいしいんですか。
生肉は今もって未経験です。

桜の中で【松前】の濃い赤が目を引きました。
さすが地元、思い入れのある種だったのでしょうか。
24moko24
2011年05月12日 08:14
おはようございます。
桜三昧!お洒落です。最高!!
かわいさんの文体、参考になります。
ただチャン
2011年05月12日 09:10
おはようございます。
馬刺!熊本と言えば馬刺!
美味しいですよね。
だからってそうそう頻繁には食べませんが(^-^;
生食好きです!
生食だから衛生管理しっかりしないといけないのに・・(-_-;)
2011年05月12日 11:16
長野県生まれの長野県育ち(長野県は熊本に次ぐ馬刺しの生産地です)なので 馬刺し 良く食べます。病気の時の滋養強壮にも お医者様が勧めるくらいです。
牛の生肉を食べるって言う食習慣は 最近になってからの習慣ですよね。昭和の頃 牛のお肉が生で食べられるとは思わなかったし 牛肉自体 高級品で ウチの地方では カレーだって すき焼きだって 豚でするものでした。
西洋や隣国の韓国では 生肉の食文化が昔から在るのだから 衛生管理をしっかりすれば きっと 大丈夫なんでしょうけど ニュースで聞く限りでは 安心して食べられそうもありませんね。私も ユッケ 経験ないです。
 
2011年05月12日 14:57
デジブック上手に出来てますね。
生の牛肉はもちろんですが、お刺身も少し食べれば満足です。この世からなくなってもなんとも思わないけど。マグロが食べれなくなっても他の魚はあるしね。
2011年05月12日 19:08
生肉は私も食べる習慣がないです。
ユッケなるものは、子供と焼肉店に行って初めて知りました。
私は食べていませんが、子供は美味しそうに食べていました。
何もなかったので、衛生管理がしっかりしていたお店だったと思います。
2011年05月12日 22:37
生肉を食べないかわいさんが唯一食べる馬刺し。
確かに美味しいですよね。
でも関西ではあまり食べる習慣が無く、年に1回も食べません。
熊本や、長野がうらやましい。
ユッケや生肉は良く食べますけど、食中毒事件を受けて我が家では当分自粛します。
2011年05月13日 00:21
かわいさん、こんばんは♪

私、牛肉自体があんまり好きでないので、ユッケも食べた記憶がないですねぇ・・・。
もっぱら、共食い(?!)か、鶏ですね。

馬刺し・・・食べた事あったっけか???
でも、基本的に生肉は苦手です。

私の場合、お腹が冷えるとダメですねぇ・・・。
これからの季節、冷房がコワイのであります。
2011年05月13日 01:04
レア系、何でも好きですが
ユッケだけはNo!なんです
どうも卵とのコンビネーションがいかん。

基本的に好き嫌いないんだけどこれだけは未経験
まぁ、食べず嫌いなんですが
2011年05月13日 04:53
ステップタッチさん。
うわあ~!
ナマモノ、オールマイティーのようですね。
たまに、繊細になるのですね。
私よりも胃腸は丈夫のようですね。
でも、最近は注意しているので、しばらくピーゴロはないですよ!

うふふさん。
衛生管理がずさんだったんでしょうねえ~。
破格の値段設定だったようですね。
安い生肉…寒気がします。
【松前】という名前の桜…まだまだ遅くになりそうですよ!
2011年05月13日 04:59
24moko24さん。
桜三昧ほめていただいて感謝です。
これは二日酔いで頭ガンガンの午前6時ころに撮影しました。
文体?緩めですからねえ~。
おなかも緩めですが…。

ただチャンさん。
そうそう、馬刺しの本場は熊本ですねえ~。
なんぼ地元だからって、そんなに頻繁には食べないでしょうねえ~。
私はタコイカ町の「小春」という居酒屋の馬肉専門です!
2011年05月13日 05:09
丸みさん。
そうそう、長野も馬刺しで有名ですね。
滋養強壮に馬刺しですか!
なんとすばらしい食べ物なんでしょう!
あっ!
北海道も「牛肉」の文化って薄いような感じがします。
丸みさんと同様、カレーもスキヤキも豚がふつうにありますよ。
ユッケは、やっぱり遠慮しておきます。

mu.choro狸さん。
私も食べ物については、あまり執着がないですね。
美味しいものを食べているときはうれしいですが、まあ、また別のものでもいいや!ってタイプですね。
とにかく脂分の大量摂取には気を使っています。
2011年05月13日 05:21
へなちょこ@節電さん。
まあ、ほとんどのお店は衛生管理がしっかりしているんでしょうね。
焼肉の方が美味しいような気がしますが…。
って、食わず嫌いですから、比較のしようがないのでした!

トムさん。
はあ~、関西ではあまり馬刺し食べないんですね。
北海道も文化ってほどではないと思います。
妻と娘たちは、胃腸が丈夫そうなので、ユッケは食べられると思いますよ。
2011年05月13日 05:28
ぶたまりさん。
おなかが冷える!
その感覚、充分過ぎるほどわかります。
すぐにピーゴロに変化するのがわかります。
冷房…気をつけましょう!
私も豚の方が味があると思います。
高級な牛を食べたことがないからかも?

ひばり組らん太郎さん。
そうでしょう!
らんさんって、生肉系大好きそうな感じがするもの!
卵とのコラボがイヤなんですね。
オラはレアはダメだなあ~。
充分に焼かないと…。
2011年05月13日 20:15
オイラも生肉はくわネ。
一番苦しいのは、出口が便秘で、中が下痢の状態。
こういうのを産みの苦しみっていうのかな(~o~;
は、話がちがった??
2011年05月15日 00:03
moumou.h53さん。
オラも、よく出口便秘、中パッパッ?のときがあります。
痔になっちゃいます。
最新記事は、痔のお話です。
BUKU
2011年05月15日 12:07
北海道はまさに桜三昧の季節、優雅ですね~
関東は初夏の日差しで、すでに夏日もあり扇風機の登場です。
思い出の白雪姫、名前の通り真っ白ですね。五稜郭で見た時は蕾がまだ多くてピンクがかった白というイメージでした。満開になると白くなるんでしょうね。そういえば5月1日の北海道新聞に「松前桜が彩る浪速の春」というタイトルの記事で浅利さんが紹介されていましたよ。
保存版として持ち帰りました!
かわいさんの桜三昧Ⅱ、どの写真も綺麗で二日酔いの早朝に撮ったとは思えません!
Ⅲ、Ⅳと引き続き楽しみにしています。
2011年05月16日 23:42
BUKUさん。
桜三昧お楽しみいただき感謝です。
白雪姫咲きました!
でも、欲を言えば、昨年があまりにも見事だったために、今年はイマイチ感が拭えません。
贅沢な悩みなのですが…。
浅利さんの記事…ありゃ?読んでいなかったなあ~。
おそらく大阪造幣局の桜のお話ですね。
浅利さんが育成した桜が大阪で咲き誇っているというお話だと思います。
まさに私が今回紹介している桜もそこにあるはずです。
いやあ~、やっぱり偉大な方だなあ~。
Ⅲ…最新記事にアップしました。
今度は満開のものです。
ご堪能いただければ幸いです。