赤い靴はいてた女の子

野口雨情の童謡「赤い靴」の詩にはモデルがありました。

その女の子の名前は「きみちゃん」。

きみちゃんは赤ちゃんの時、いろいろな事情でアメリカ人宣教師の養女に出されます。

母 かよさんはきみちゃんがアメリカに行って幸せに暮らしていると信じて雨情にこのことを話し、この詩が生まれました。

しかし、きみちゃんは病気のためアメリカには行けませんでした。

明治四十四年九月、当時麻布水坂町、今の十番稲荷神社のあるところにあった孤児院で、ひとり寂しく亡くなったのです。

まだ 九歳でした。

母と子の愛の絆を、この「きみちゃん」の像に託して、今、みなさまの幸せを祈ってやみません。


麻布十番を散策しました。

画像


小さな小さな「きみちゃん」の像です。

悲しい物語があったのですね。





近くに、暗闇坂がありました。

画像


ミステリー界の巨匠・島田荘司さんの「暗闇坂の人喰いの木」という推理小説を以前読んだことがあります。

画像


なんとなく、薄暗く、おどろおどろしい坂でした。

思い込みかな?





機会があれば、じっくり時間をかけて歩きたい街でした。

画像







いかがでしたでしょうか? にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 ランクアップに応援のPUSHをお願いします(*^▽^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント