上りと下り

八戸で乗車したのが、17:13でした。

画像


青い森鉄道のロングシートに身を沈めました。

青森着は、18:55です。

2015年8月17日(月)…2時間半ほど前に、盛岡でわんこそばに挑戦し、おなか満杯状態で、なおかつ旅の疲れもあり、ウトウトと覚醒を何度となく繰り返していました。

私のとなりは、恰幅の良い60歳代と思われる法事帰り(と思われる)のオジさんです。

車内は、8割ほどの込み具合だったと思います。

ふと、目覚めると、そのオジさんとそのとなりのオヤジが話していました。

いつのまに乗り込んで来たのでしょう?

オヤジのとなりには、オバさまが座っていました。

なんとなく聞こえて来た断片を積み重ねてみると、70歳代と思われるオヤジとオバさまは夫婦で、JR大湊線の下北駅から乗ったようです。

画像


そして、野辺地駅で乗り換えて、上りの青い森鉄道で八戸に向い、八戸から新幹線で東京まで行く予定が、間違って下りの青森行きへ乗ってしまった…こりゃどうしたらいいべ!

それを、となりの法事帰り(と思われる)のオジさんに相談している…そんな状態でした。

画像


そそっかしい夫婦だなあ~。

私はリュックから時刻表を取り出しました。

ふつう、上りと下りを間違えないでしょう…。

んっ????

野辺地駅18:06…上りと下り両方の列車がホームに存在しました。

こりゃあ、缶チューハイ片手に熱弁を振るう、70歳代のオヤジは間違えるかも?

オバさまは、オヤジに付いて歩いているだけで、オロオロって感じだし…。

オヤジの話だと、下北駅で駅員に、野辺地に着いたら、×番ホームの列車に乗り換えてくださいね。

と言われたそうです。

その×番ホームが、駅員の間違いだった可能性も捨て切れません。

ここで私・かわい、参戦!

「あのう、この列車は18:55に青森駅へ到着しますが、今日中に東京まで行くためには、新青森駅から19:44のはやぶさに乗らなければなりません。これが最終です。でっ、これに乗るには、青森駅で降りたらすぐに乗り換えて、青森駅19:00発の弘前行き普通列車に乗ってください」

  

「ハイハイ、私、青森駅で10分の余裕がありますので、乗り換えのホームまで案内しますから…」

「どうぞ、お願いします」

オバさまに拝まれました。

「あとは、新青森駅で手続きしてくださいね。追加料金取られると思いますが…」

すると、突然、オヤジの方がブツブツつぶやき始めました。

「下北を出て55年、いやいや先に2年北海道で働いたから、下北を離れて57年、東京で働いて、30年前に家を建てて、今は千葉に住んでおります。今日中に千葉まで帰れますかのう…」

画像


あっ!このオヤジ、いつのまにか缶チューハイの銘柄が変わっているぞ~。

「千葉市内ですか?」

「そうです、蘇我です」

これは、オバさまが答えました。

「それであれば大丈夫だと思います。23:04に東京駅に着きますので、そのあと最終までに十分余裕があるでしょう」

オバさま、ホッとされたようです。

心配なのは、酔っ払いオヤジの方です。

画像


青森駅に着き、橋を渡ったホームまで、夫婦を案内しました。

「次の新青森で降りてくださいね。それ乗り越したら、今日帰られませんよ!」

画像


さて、この夫婦、無事に千葉市蘇我の自宅に帰ることが出来たやら…。






いかがでしたでしょうか? にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 ランクアップに応援のPUSHをお願いします(*^▽^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント