お寺の跡継ぎ

先週の土曜日は義母の四回忌でした。

三回忌、七回忌という節目ではなかったので、とくに会席の用意はせず、普通にお坊さんにお経をあげてもらうことにしました。

お寺さんには、午前11時にお願いしますと電話しました。



当日、午前11時ちょうどにお坊さんがやってきました。

予想はしていましたが、ご住職さんではなく、その息子さんでした。

年齢は、25か26だと思います。

若いです。

私は初対面ですが、檀家さんの評判は上々です。

お父様のご住職さんよりも声が良いそうです。

ご住職さんは、最近体調がすぐれないので、息子さんが来られるものと最初から思っていました。



初対面の挨拶を交わし、いよいよお経の始まりです。

うん、たしかにきれいな響く声です!

評判になるのがわかります。

そして、なかなかの 男前 です。

私にはその気はありませんが… ぐっと心を揺さぶられるような渋い声です。



お経は25分程度だったと思います。

お布施を渡しました。

さあ、お茶とお茶菓子による第2部の始まりです。



「いつ、ご実家に帰られたのですか?」

「ことしの4月です」

「たしか、秋田のご親戚のお寺におられたそうですね」

「よくご存じで…2年おりました」

「それ以前は、芝の増上寺で修行されていたのですよね」

「…かわいさん、よくご存じで…びっくりいたしました」

「地獄耳ですから(笑い)…いえ、あの、弟さんから聞いております」

弟さんは、2歳年下で、やはりお坊さんの修行をしています。

「はあ、弟はわたしと入れ替わりに、秋田の親戚の寺に行っております」

「では、秋田の跡継ぎは、弟さんになられるのですね」

「ええ、そんなことも弟は…」

「はい、一昨年ですか、お盆にアルバイトでお経をあげに来た時に話しておりました。まあその時は、まだどちらが実家のお寺を継ぐか、跡取りのいない秋田の親戚のお寺を継ぐか、決まっていないと申されておりましたが…」

「そうですか…わたしと違って、おしゃべりな弟ですから(笑い)」

そんな、たあいない話に花が咲きました。



そのあと、増上寺の話をしました。

増上寺には、常に50人以上のお弟子さんがおられるそうです。

研修の時期になれば、300人にもなるそうです。

朝のお勤めの時刻には、地方から上京した信者のみなさんや、近所の住人のみなさんなど、500人が本堂に集まることがあるそうです。

想像すると、なかなか壮大な風景ですね。

こういうお話たいへん興味があります。



正午を合図に、息子さんは帰られました。



檀家さんに信頼される跡取りさんになってくださいね。



お経が、25分。

ディスカッションが、35分。

けっして、 拷問 ではございません…。




増上寺刃傷 (講談社文庫)
講談社
松本 清張

ユーザレビュー:
テーマは脅迫観念か史 ...
嗚呼、人生の正しい選 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


いかがでしたでしょうか? にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 ランクアップに応援のPUSHをお願いします(*^▽^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

2009年10月28日 00:39
こんばんは
日常のほのぼのとしたいい話ですね
自分だったら35分もおっさまと話しできるかなぁ、なんて思っちゃいました。

無理矢理ドラゴンズネタに持って行けばいいんだ…!
2009年10月28日 00:54
20代半ばで住職の跡取りとして頑張っているなんて立派過ぎますね。私と大して年齢が変わらないのにこの違い・・・。恐れ入ります。法事のお坊さんて大体はじいさま(←失礼)ですが若い方もいらっしゃるのですね。
2009年10月28日 01:00
こんばんは(照)

はじめまして!!!
らん太郎さんのブログから
お邪魔させていただきました(照)

えっと・・・
年会の題名の時に恐縮なのですが・・・
「わかめうどん」に惹かれてやって来ました(照)
シュールすぎて
まともにキーボードが打てません(照)
とどめは「ディスカッションが、35分。」
笑いすぎてすみません(汗)

でもかわいさんの記憶力に脱帽です(照)
2009年10月28日 06:28
かわいさん。コメントありがとうございました。
お経の上手下手はよく話題になります。
うちの担当坊主は世代交代の時期をむかえています。
これまで40年以上うちに通ってきた先代は(まだこの世にいます)お経がへたくそでまったくありがたみがありませんでした。
最近、跡取りがきますがこれはグーッドです。
お布施代分はしっかりやってくれます。
まあ、坊さんにとってもやかましい、けちな檀家はいやでしょうが.......(~0~)
2009年10月28日 07:20
ひばり組らん太郎さん。
そうそう、お得意のドラゴンズネタでよろしいんじゃないでしょうか?
「一樹が引退しまして…」
「………はあ???」
これで会話が終了しますね。
せめて、立浪で探りをいれてください。

ウーパーさん。
おはようございます。
そうですよね…お坊さんといえば、お年寄りというイメージはありますよね。
世代交代は確実に進んでいるようですよ。
…っといっても、町内には90過ぎで現役バリバリの住職さんもおられますが…。
2009年10月28日 07:33
ららららんさん。
おはようございます。
「わかめうどん」に反応していただきありがとうございます。
この話題の関連として拙著「女性ホルモン」をご覧ください。ハンカチが10枚は必要な悲しいお話です。
http://5348.at.webry.info/200907/article_43.html
感想をお聞かせ下さいね。

moumou.h53 さん。
おはようございます。
さっそくのコメントありがとうございます。
お坊さんも人気商売ですよね。
おもしろくない説教を長々とされたら閉口しますね(笑)。
嫁さん宅だけではなく、私の実家もこのお坊さんのお寺ですので、しばらく安泰だと思っています。
2009年10月28日 14:22
そしてまたまたこんにちは(照)

拝見させていただきましたー
そしてコメントもさせて頂きました(照)
ある意味ハンカチがいりそうな勢いでした(汗)
そしてわかめうどんに繋がる・・・んですね(汗)
2009年10月28日 14:34
実は自分の従兄弟も坊主でして、昨年の11月1日に義叔父がなくなりまして跡をついでます。
彼も高野山で修行をした経験があります。

この日曜日が1周忌の法事があるので行ってきます。
坊主の葬式は初めてでしたが、なんと総勢18名のお坊さんが着まして、その中で香川の善通寺本山の大僧正が拝んでいました。

49日は確か11人だったような気がします。
さて今度の法事には何人のお坊さんが来るんでしょうかね。

お布施沢山いるぞ~!
2009年10月28日 16:06
生まれた時からもう職業が決まっているってどんな気持ちなんでしょうか、修行なさっただけあって物静かな感じが受けます。
いつだったか成田山新勝寺に行った時、眉目秀麗なお坊さんがいて、ドキッとしましたよ。
2009年10月28日 22:01
かわいさん、こんばんわ。
法事の時など、たまにお坊さんの説教を聞くと勉強になりますよね。
若いお坊さんでも同様で、時には、下手に年寄りじみたお坊さんより話が上手だったり、気さくだったりします。
お坊さんもコミュニケーションが求められる時代になったんだと思います。
2009年10月28日 22:39
ららららーんさん。
ららららーんさんが「女性ホルモン」を読んでくれなかったら、どうしようとドキドキしておりました。
どうぞ今後もよろしくお願いします。
他の記事もバカなものが多いので、おヒマなときにどうぞ。
ハンカチ100枚ほど用意して…。

kokoさん。
貴重な情報をありがとうございました。
私の親戚の「尼さん」が10年ほど前に亡くなりまいたが、その時も10人ほどのお坊さんが葬儀に駆けつけてくださいました。
壮観でした!
お布施はどうだったかなあ?
そこまでは関知していませんでした(笑)。
2009年10月28日 22:49
mu.choro狸さん。こんばんは。
お坊さんって、頭を丸めている関係で、やはり顔に目がいくのですよね。
マスクが良い方には惚れてしまいます!
あっ、しつこいですが、そちらの気はないですから…。

ばばんちょさん。
私はお坊さんとのコミュニケーションが大好きです!
ふだんの生活で触れ合うことがないですからね。
このお寺の60過ぎのご住職とはお経のあと1時間くらい平気で話します。
ご住職も最初からネタを持って来られます!
いったい、私たちは、何者なのでしょうか?