心が風邪をひいた丑三つ時の君へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 迷子の迷子の…次女編

<<   作成日時 : 2010/06/12 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

次女が、いま15歳ですから、今から10年ほど前、幼稚園の年中さん、年長さんの頃のことです。

函館にイトーヨーカドーがあります。

画像


当時、函館に出かけると、ここにばかり通っていました。

妻が買い物をしている間、私が長女と次女のめんどうを見ます。

おもに、おもちゃ売り場にいます。

そのうちに次女の姿が見えなくなります。

私と長女で次女を探し回ります。

やがてこんな館内放送が流れます…。

タコイカ町からお越しのかわい○○○様、お嬢様が迷子になっておられます。至急、お近くの売り場までご連絡ください…。

当然のことながら、私はその後、次女を受け取りに行きます。

買物途中の妻も、その放送を聞きつけてやってきます。

そして、私は、妻に怒られるという図です…。

まあ、世の父親と呼ばれる人種であれば、1〜2度経験したことがあるでしょう!

そんなときに限って、ウチの会社の同僚も、ここで買い物をしていたりします。

かわい君、昨日、ヨーカドーにいたでしょ!

月曜日にそう言われたりします。

それが、1年ほどの間に3度ありました。

そのたびに、私は次女を迎えに行くのですが、何かおかしいのです。

次女に迷子になったという、緊張感が足りないというか、逆に迷子になることを喜んでいるような感じが漂っているのです。



そんなある日、私は、次女の行動を監視して、泳がせてみることにしました。

おもちゃ売り場でしばらく長女と一緒に遊んでいた次女は、やがて飽きてきたようで、だんだん長女から離れて、スタスタと歩き始めました。

私は、見つからないように、次女のあとを追います。

次女は、まっすぐに、何かの目標に向かうように移動しています。

やがて、同じフロアのおもちゃ売り場からは、一番遠い、寝具売り場のあたりをウロウロし始めました。

お嬢さん、どうしたの?迷子になったの?

寝具売り場の店員が次女に声をかけました。

そう、迷子になったの!

うれしそうに答えているとしか思えない次女の声です。

そこで私が登場です!

おい、お前!なんも迷子じゃないだろ!

ビクッとして、次女は固まってしまいました。

お客様、こちらのお子様の保護者の方ですか?

女性店員が私たちの間に割り込んできました。

ああ、そうです、父親です。

私がそう答えると、その店員は、次女の目の高さになるようにしゃがみ込みました。

お嬢ちゃん、あなたのお父さん、いえ、パパかな…なんてお名前なの?

かわい○○○…。

そう、かわい○○○さんなの。

そして今度は、立ち上がって、私の前に立ちました。

お客様、たいへん申し訳ございませんが、身分を証明するものを何かお持ちですか!

有無を言わせない、毅然とした口調でした!

なんと、私は、ある種の変質者と思われたのでしょうか?

唖然としましたが、ここは素直に従った方が得策のようです。

私は、店員に車の免許証を提示しました。

たいへん失礼いたしました。どうぞお嬢様をお連れください…それと、あまりお子様を叱らないでくださいね。この年頃のこどもさんには、ごくごく、たまにあることですから…。自分の名前と住所、お父様のお名前を話すことが楽しいんですよ!

おそらく、この店員さんにも、同じような年頃のお子さんがいらっしゃるのでしょう…。

愛情一杯のその口調にすっかり感心してしまいました。



その後、次女は、さすがに懲りたのか、迷子マニアを卒業したようです…。




想い出迷子
インディーズ・メーカー
2009-05-02
うるふ

ユーザレビュー:
ツボでした~友達に進 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


いかがでしたでしょうか? にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 ランクアップに応援のPUSHをお願いします(*^▽^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
迷子と言えば...
長男が4歳の時にシンガポールに旅行に行った時の事。
旅行の最終日、私と妻はホテルのフロントで
チェックアウトをしていた時にちょっと長男から目を
離したスキに居なくなってしまいました。

ホテル周辺のファーストフード店とかを
探し回りましたが見つからず・・・。
結局はホテルの中に池があって池の魚を
見ていたのですが、生きた心地がしませんでした。
へなちょこ
URL
2010/06/12 01:41
中々やりますね、迷子マニア!

でもお店の人の対応は正解ですね
何も確認せず引き渡しする方がかえって怖いかも・・・

ひばり組らん太郎。
2010/06/12 04:00
良い出会いでしたね。
オチビちゃんも、おとうさんもこれで一つお利巧さんになったようですね。(~0~)/
moumou.h53
2010/06/12 07:59
おはようごさいます
フフフお父さん大変ですけど
なんか微笑ましいです。

ヨーカ堂担当者さんの対応も最高ですね。
毅然した態度とその後のお詫びの仕方。

かわいさんも素直に身分証提示されて!

一つ間違えると
大変な事になりそうですもんねf^_^;
ただチャン
2010/06/12 08:04
なんとも微笑ましいエピソードですね!
子育て真っ最中の私には、お嬢さんの気持ちがなんとなくわかる気がします。

そっかぁ
かわいさんは変質者っぽく見える側面も・・・
人は奥深いですねぇ
こちくん
2010/06/12 09:27
迷子の迷子の…、
そりゃ、お父さんゆずりですからしょうがないですね。

ん、ちょっと違ったかな。

茶々
URL
2010/06/12 10:36
そうか、その位の年頃はそういうもんなんだね、オカシイ^^
その店員さんのアドバイスの言葉で理解しますね。
ハハハ、笑えるエピソードだね^^
mu.choro狸
URL
2010/06/12 10:45
迷子マニアだったんですね。可愛い行動です。
店員さんの毅然とした態度、万一ということを考えてのことでしょうね。
本当の親としては驚くけれど、かえって安心な店かもしれませんね。
桃源児
2010/06/12 12:34
へなちょこさん。
お〜〜〜と!シンガポールですかあ〜。
スケールが違いますね。
4歳の男の子だと、じっとしている時間がないでしょうね。
生きた心地がしなかった…でしょうね。
長男さん、記憶にあるんでしょうか?
かわい
2010/06/12 21:20
ひばり組らん太郎さん。
10年ほど前のことですから…こんなシチュエーションでなかったならば、身元確認はしていなかったと思います。
今ならば、相当きびしいんでしょうね。
かわい
2010/06/12 21:23
moumou.h53さん。
おっしゃるとおり、良い思い出ですね。
尾行されているとも知らず、トコトコ歩くのが、我が娘ながら、愛らしかったですね。
かわい
2010/06/12 21:26
ただチャンさん。
デパートはたいへんでしたね。
ウチの妻は、とにかく買い物が長いのです!
2〜3時間はザラですよ!
今は、パチに夢中ですが…。
この店員さんの対応にですね。
かわい
2010/06/12 21:29
こちくんさん。
そうそう、一見、変質者の方が正解ですね。
こちくんさんちは、息子さんが迷子予備軍ですね。
かわい
2010/06/12 21:31
茶々さん。
んっ?
そうですね、迷子血統ですね???
専門分野は違うようですよ…。
すぐに助けを求めるか?
自力で捜索するか?
かわい
2010/06/12 21:35
mu.choro狸さん。
喜んでいただけましたか。
こんなやり取りが楽しいので、積極的に話をしちゃうんですよね。
まるっきり、女性教師という感じでしたね。
かわい
2010/06/12 21:37
桃源児さん。
ホント、今、考えると店の対応は大正解ですね。
おっしゃるとおり、安心な店だったと思います。
結局、4回目の放送は阻止しました!
かわい
2010/06/12 21:40
こんばんは〜♪
可愛い迷子ちゃんで微笑ましいのですが
親の身になると、お疲れ様でしたね。
店員さんの応対もお見事ですね。
今は15歳、覚えてないでしょうね
ミモザ
2010/06/13 20:25
ミモザさん。
こんばんは。
変質者のニュースが、けっこう流れていたころですので、ちょっと心配でしたね。
本人、全く覚えていないそうです。
長女は、覚えていましたね。
かわい
2010/06/13 22:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
迷子の迷子の…次女編 心が風邪をひいた丑三つ時の君へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる